移動平均線

移動平均線って何?

株の中の指標としては一番有名で一番使われているものになっています。 自分も一番最初に教わったのが、この移動平均線です。 移動平均線と言っても、25日、75日、13週、26週、などの移動平均 線があり、 25日移動平均線は、過去25分の株価の平均値をグラフにしたものです。 75日、13週、26週も同様にそれぞれの平均値のグラフになります 数式で表すと  
*日移動平均=「*日の株価の合計」 ÷ *日
となります。 上記のグラフで、波を描いている二本の線が移動平均線で、移動平均線 はこのように山と谷を作ってトレンドを作っていきます。 山や谷の大きさ、トレンドの長さなどは誰もわかりません。

何がわかるの?

大きな株価のトレンド(長期トレンド)がわかります。 平均線が右上がりであれば、上昇基調であり、買いが優先し。 右下がりであれば下降基調で、売り優先です。 トレンドを把握し逆らわないことが、重要になります。 また、移動平均線の上を株価が抜けている場合は買い。 下に抜けた場合は売りの判断となります。

移動平均線の欠点

とにかくだましが多いことです。 実際に上昇トレンドが始まってから、移動平均線に 情報が現れるまでにタイムラグがあるためです。 移動線のV字はすぐに下降する率が高いので いったん真横になってからの上昇を狙うのが効果的。


topへ
Copyright (C) donnta All Rights Reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO