株投資の方向性

解析方法

株を売買するにあたって、投資の判断基準をテクニカル分析に絞ることにしました。 また明確なルールに基づき、売買を繰り返す「システムトレード」を採用します。 投資で儲けるためには、自身の直感やカンなどのあいまいな判断では リスクが大きくなります。みなさんもよく買い物に出かけたときに 予定していなかった買い物をして失敗したことがあると思います。 株でも同じです。予定、想定していなかった株の衝動買いは冷静さを忘れて いるわけですから、重大なミスを犯している場合が多いはずです。 このことから、計算してある程度収支が予想のできる 売買基準を確立してからトレードを繰り返しいくことが必要です。 またニュース雑誌などの情報は自分のところに来るころは すでに株価に反映し意味の成さないものなっていることがほとんどです。 過去のデータを元にはじき出された明確な数値で売買することが、市場に対抗する 最大の手段と考えました。

システムトレードの利点

システムトレードの欠点

目標値

検証済みのシステムトレードであれば過去のデータからある程度の利益が予想できる。 下記に目標値を示す。

この目標値を目指し売買基準の構築を図る。

Copyright (C) donnta All Rights Reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO